YouTubeはこちら

【四万十の宿】高知県出張でおすすめ豪華宿!会社の経費内で満喫!

部長
部長
いっとー、来週高知県へ出張な。頼むぞ。
いっとー
いっとー
んひぃ!

働くサラリーマンに付きもの、出張。長時間移動や見慣れぬ土地での仕事、普段よりしんどいですよね。わかります。

ですが、逆を返せば新鮮な土地!仕事終わりは楽しんじゃっていいんです!宿泊費は会社持ち。どうせならいい宿泊まりたいと思いません?

そこで今回は仕事後に出張でラブホに泊まったり魚釣りをしたりと出張を満喫している僕が高知県のオススメ豪華宿をご紹介!会社の経費内でも収まるような所をご紹介!

※ここで言う会社の経費とは9840円で設定します。

引用:https://www.danna-salary.com/about-money/nittou-souba/

高知県四万十市

出張の舞台は高知県四万十市。高知県南西部に位置する市です。16,574世帯人、33,979人が暮らす自然豊かな町。(2018年2月現在)

四万十川で有名ですよね!四国内で最長の川で、流域面積も吉野川に次ぎ第2位を誇ります。

日本三大清流の一つと呼ばれ、名水百選日本の秘境100選にも選ばれている名高い川です。

いっとー
いっとー
高知県の大学に通っていたから言えるけど、マジで最高の町よ!

高知の観光地としても有名な四万十市。こんなところで豪華宿に泊まれたら最高ですよね、それも出張でならなおさら!

いっとー
いっとー
会社の金で泊まるでぃ!

四万十の宿

今回紹介するのは四万十の宿という名の旅館。

「自然に帰る。自分に還る。」をコンセプトに、建物は石・漆喰・焼き杉等自然な建材で設計された、土佐の小京都・中村にある、環境にやさしい日本初のエコロジーホテルとのこと。

外見はこのような感じ。僕の写真センスがないのと、夕方&曇りというトリプルパンチくらってますが、Googleさんで「四万十の宿」と検索したらめっちゃ綺麗な写真がたくさん出てきます。

さ、早速チェックインしていきます。ロビーには高知県の名産品やお土産などが多数取り揃えてありました。出張土産もここで手配できるのはありがたいですね!

照明は薄暗くほんのり聞こえるオルゴールのメロディが仕事の疲れを忘れさせてくれます。

チェックインを済まし、部屋に案内されます。部屋の前までコンシェルジュらしき方がついて来てくれます。普通のビジネスホテルじゃまずありえませんね!部屋の外見はコテージのような感じ。

部屋に入っていきましょう。本当は部屋に入る際は鍵を挿したままドアノブをひねるのですが、写真撮るためにこのフォルムが限界でした。

下駄箱とご対面。下駄、いいですね!ビジネスホテルはスリッパが限界ですが、四万十の宿では下駄なんです。

いっとー
いっとー
こりゃたまげた!(下駄だけに)
部長
部長
給料減額ね
いっとー
いっとー
んひぃ

そしていよいよお部屋のお披露目!

どうですか⁇日本旅館感満載の部屋!ベッドは2つありますが、これで1人部屋です。

湯巡り道具が揃えられています。下駄を履く際の靴下まで。温泉宿、これが仕事終わりに会社の経費で泊まれちゃうんです!ククク。

ベランダには木々が生い茂る緑。椅子も用意されていてお風呂上がりに座るの気持ち良さそうですね!僕が宿泊したのは2月なので寒かったですが。

お風呂場の様子。ユニットバスでここはビジネスホテルと変わりありませんが、四万十の宿には最高の温泉があるんです!後ほど紹介しますね。

テレビは高知のローカル局が3局。地域に密着した内容がほっこりします。ちなみに男性が好む番組はありませんでした。有料でもありませんでした。

アメニティ

シャンプー/リンス/ボディーソープ/ドライヤー/タオル/バスタオル/浴衣/歯磨きセットカミソリ/くし/シャワーキャップ/洗顔/クレンジング/ヘアトニック/化粧水/乳液


部屋以外にも…

部屋以外にも魅力が詰まっている四万十の宿。

部屋のまわりには庭が。テーブルと椅子も用意されていて仕事終わりここでお酒を飲みながら星なんか見ちゃって…

いっとー
いっとー
流星群なんか流れずに…時間だけが流れちゃって…。あれ、おれ今うまいこと言った?
部長
部長
給料減額ね
いっとー
いっとー
んひぃ

Cafe &Barもあるんです。会社の同僚と出張に来られた際は一緒にここで飲んだりするのもいいですね!

ちなみに僕は会社の上司と泊まったのですが、1人部屋で飲んでました。

残った仕事をしたり、動画を見たり、必要になってくるのがWi-Fi。部屋には飛んでませんが、Bar前のスペースには飛んでいます。

ソファや椅子が並んでおり、誰でもゆっくりくつろぐことができます。

本棚には四万十に関わる本が多数、もちろん新聞も並んでいます。旅行冊子も置いてあるので旅行に来た際は目を通すのもいいですが、あくまでも今回は仕事できてるので!

怖そうな本を見つけました。四万十にまつわる伝説のお話のよう。少し興味が湧いたので目を通して見ると…

女性と男性が同じ部屋に泊まることになる恋愛ストーリーのよう。(絶対違う)気になる方はぜひ読んでみてください。

温泉

旅館の醍醐味、温泉。ここには四万十いやしの湯という温泉があります。

立ちのぼる湯けむりの中で、ゆっくりと身をゆだね命の洗濯ができます。木々の中から吹き抜ける心地よい風を感じながら仕事の疲れをとってみてはいかがでしょう。

3種類の湯があり、中でも露天風呂の海水露天風呂の気持ちよさといったらなんのその。名前に海水とあるだけに、しょっぱいんです。海水の体にもたらす良い効果は科学的にも証明されているのだとか。温泉内の看板に書かれてあるのでぜひ目を通してください!

いっとー
いっとー
温泉内はもちろん撮影NGだぞ!写真用意できず申し訳ない。ご自身の目でご確認ください!

大人680円小人340円で日帰り入浴も可能とのこと。

朝食

旅館といえば朝食。ビジネスホテルの朝食といえば、バイキング形式ですよね。(僕はすごく好き)四万十の宿では…

事前に朝食時間を申告し、その時間に朝食会場に向かうと用意されているVIP対応。しかも、高知県の名産を詰め込んだ朝食。

ご飯おかわり自由なので食いしん坊さんもご安心。

朝食会場入る前から豪華な雰囲気出てましたから!

宿泊料金


今回宿泊した四万十の宿、一泊朝食付きプランだと時期にもよりますが1人12000円ほどするようです。

部長
部長
残念、経費内で収まらないね〜

しかし!今回はじゃらんnetにて検索&予約したところ、【1月・2月限定!!超ラッキーDay!】というプランがありなんと…

7560円で宿泊することができました!通常より約5000円もお得…

いっとー
いっとー
熱盛ぃー!

じゃらんnet だと、国内25,000軒の宿がネットで探せて予約可能。しかも2%ポイント還元もありお得です!

みなさんも出張の際にはぜひ活用してみてください!