YouTubeはこちら
エンタメ

せなか広告って何?広告料は?実際に掲載してみた

おもしろいサービスを見つけました!

木の箱のあらゆる面にさまざまな広告を貼り付け、その箱を背負い街を歩く人。

思わず二度見してしまうこと間違いなしです。

その名も せなか広告

街中でせなか広告を見かけ、興味があり検索してたどり着いた人。

せなか かゆい で調べたのになぜかこの記事にたどり着いた方。

そんなあなたに せなか広告 をご紹介!

 せなか広告って?

木のかばんを背負って生活しているウォーカーに好きな内容の広告札を貼り付けることができるサービス。

江坂大樹さん(@esakadaiki) を中心に活動されています。

ウォーカーが街を歩く、つまり広告札が町中を行き来する。つまり動く広告です。

街に溢れている立て看板や、電車内のつり革広告にはなかった、特定の場所にとらわれない広告です。

 料金は?

1ヶ月2000円が通常料金とのこと。申し込みから作成期間は含まれず、掲載開始からの1ヶ月間とのこと。

1部のウォーカーは、自分の価値に見合った値段を独自に設定して広告掲載を募集しています。

例えば、3ヶ月3000円、など、1回の飲み会の値段より低い設定!

 広告エリアは?

広告エリアは今の所(2018年10月)愛知県となっています。名古屋がメインで、その他ウォーカーによって変わるとのこと。

 広告掲載までの流れ

広告を出したい!そんな時のために、掲載までの流れをご紹介。

①依頼

公式HPやTwitterから依頼ができます。日常で見かけたウォーカーに直接声をかけることもOKらしい!

②購入

広告枠を購入します。購入はECサイトからできます。

③広告作成

広告は自分で作成します。好きなようにアレンジできるのは嬉しいですね!

デザインが苦手な方は、別途料金(1000円)は必要になりますが、デザインしてもらうことも可能です!

デザインが完成すると、指定されたアドレスに送信です。

④待つ

運営者が広告をプリント。購入後およそ1週間かかります。

⑤掲載開始!

せなか広告の完成です。ウォーカーに歩き回ってもらいましょう!

 実際に依頼してみた

僕が依頼しようと思った理由。

・おもしろいもの好きだから

・自分のブログが1人でも多くの人に読まれるための宣伝

・安いから

僕が初めてこのサービスを知ったのはTwitterのタイムラインに流れてきたことがきっかけ。

アナログな広告ですが、発想がおもしろいと感じたので、投資してみたくなりました!

広告って聞くとやっぱり出資額が大きくなってしまったり、契約がめんどくさそうなイメージ。

しかし、せなか広告だと低コストで広告依頼ができるんです。

というわけで3ヶ月3000円で広告依頼!そして出来上がった広告がこちら。

僕のはカバンのサイドに掲載する札です。みんなQRコード載っけたりデザイン凝ってたりしています。

他の広告札に比べて、溢れでる手抜き感…。でも誠心誠意作りました!!(デザイン苦手です。)

担当ウォーカーは旅BAR経営者の ようすけさん(@youtubernagoya

旅BARと言えば、日本一話せる友達ができる がコンセプトの、BAR店長体験もできる名古屋のBARですよね!

以前僕も1日店長やらせてもらいました!

名古屋、守山、栄あたりを歩いて下さるそうで!よろしくお願いします!

 宣伝効果は?


街での目撃情報も見かけます!広告からの直接流入の割合がわからないので一概に宣伝効果というのはデータ化できませんが、やっぱり変わったサービスなので人の目に止まるのではないのでしょうか。

せなか広告の今後に目が離せませんね!広告依頼だけでなく、背負う側の募集も行っているみたいなので興味がある方は一度問い合わせてみてください!

>>せなか広告公式HP

もし、せなか広告から僕の記事に飛んできたよ!という方がいらっしゃいましたらTwitter(@iiitto_1g1c)にコメントください!笑