YouTubeはこちら
豆知識

【新卒】社会人1年目から心掛けたこと・やったこと。人生1度きり、悔いのない人生を!

こんにちは、令和元年を目の前にして社会人2年目のいっとー(@iiitto_1g1c)です!

もうすぐ5月。2019年新卒が社会に出て1ヶ月が経とうとしています。会社の雰囲気にも慣れ日々研修や業務に励む反面、中にはこんな悩みを抱えている方も多いのでは?

社会人ってこれであってるのかな?将来のために備えておくこととかないのかな?

僕も新卒入社1ヶ月目はこの気持ちをもっていました。約40年も社会人として人生を捧げることに対し、少し恐怖を持っていました。それが自分のやりたいこと、やりたくないことにしろ。

そこで僕は社会人1年目から何かアクションを起こそうと思い、いくつか行動を起こしました。今回は僕が心掛けた・行動したことの紹介をしたいと思います。

社会人2年目の特に目立った功績を残してなどいない1人間が偉そうなことを言っていると思う方もいるでしょう。しかしこの記事が誰か1人にでもアドバイスになれば幸いです。世の中にはこんな人間もいるんだ、と思っていただければ嬉しいです。

自分でお金を生み出す

僕がまず意識したのは「自分でお金を生み出す」習慣をつけることです。いわゆる「副業」です。

社会に出るとどんなに仕事ができなくてもお給料がもらえます。毎月1日、年に数回のボーナス、それが至福であることは否定しません。めっちゃ嬉しいです。

でも、それって刺激がなくてすごくもないんです。自分の時間と引き換えにお金が手に入った、的な。

イケハヤ(@IHayato)さんのこのツイートがとても共感できます。 自分で0から1を生み出せるってどんな規模でもすごいことだと思っています。自分の力でお金を生み出すことができた、その達成感や経験が後の人生で役に立つと信じています。

ネットショッピング

僕が最初に手をつけたことはネットショッピングです。スマホ1台で誰にでもできるネットショッピング。これもしっかりとしたお金稼ぎです。

自分で出品内容をまとめ、商品状態や市場感を読み取り値段設定、売れたら梱包発送。ワンストップで自分でお金を生み出せた、この経験ってチリツモだと思っています。

ブログ

僕がブログを知ったのは大学生の頃。ワードプレスに登録だけして放置していたのを覚えています。実際行動しないと生み出せるものも生まれません。かっこいいこと言ってみました。

社会人1年目の夏頃に今皆さんが読んでいるこの記事をまとめているサイト「いとぺでぃあ」を立ち上げました。右も左もわからない状態から始めましたが、ネットには必要な情報が転がっていました。そして今では自分も発信する側にいます。

いっとー
いっとー
他の記事も読んでいってね!(宣伝)

お金を稼ぎたい!と言う気持ちの他に、何か世の中に発信して影響力を持ちたい!と思ったのもきっかけの1つです。

世の中にいくつもの記事がありレッドオーシャンとも言われますが、世の中に同じ記事なんて存在しないし各記事いいところはいっぱいあって読みどころもあります。

自分の記事を読んで実際お店に足運んだ方がいたり行きたいと言ってくれる方がいてとても嬉しかったです。

まだブログで生活ができるまでは稼ぐことができていませんが、美味しいものを食べたり遊んだりできるくらいにはお金が発生してきました。これは大きな自信に繋がっています。

スマホアプリ

今の時代って本当に便利でスマホ1台で稼ぐ方法がいくつもあるんです。怪しい話とかでなく、アプリで稼げるんです。

これについては次の記事で紹介しています。

残業をしない

次に心掛けていることは、残業をしないということ。フレックス制度を活用しなるべく残業をしない。

大学時代の友人が先日このようなツイートをしていました。

友人
友人
しょーみ残業せな遊ぶお金生み出せん、ってとこある。

残業しても会社の利益にしかならず、自分の利益には残業代でしかならないんですよね。また今のご時世残業が満額でないブ○ック企業もあります。

その友人に言いたい。

いっとー
いっとー
残業時間を自分でお金を生み出す時間(さっき説明した)にあてて自分の資産作りしたら?

僕の残業時間は月1時間程度です。残りは自分の資産作りに励んだり自己投資に充てています。

また、派生して有給を使うということを紹介します。社会人1年目だから気を使って、ということは必要ありません。有給はみんなに平等に使える権利です。好きな時、必要な時に使う、しっかり手をあげましょう!

僕は社会人1年目有給使ってM-1出場してました。笑

自分の意見を持つ

会社内ではどうしても理不尽なことは起こります。そんな時に何でもかんでもYES!と答えずに自分の意見はしっかり持ちましょう。

僕も社会人1年目で生意気と思われてるでしょうが、納得のいかないことに対し自分が思っていることを上司に伝える機会を設けたりしました。

「大人たちに支配されるな」「One of themに成り下がるな」この曲がいいメッセージ持ってます。

あと、派生して断る勇気も紹介します。会社内で飲み会や行事があると思いますが、自分にとってメリットや楽しさを感じれないなら断っていいと思います。僕も1年目の忘年会は不参加でした。

付き合いができていない、最近の若者は…と思われるかもしれませんが、将来の自分を豊かにしてくれるか、と考えた時にメリットがあんまりないんです。会社のみんなが大好き!だったり付き合い重視の会社で昇進に関わると思うなら行けばいいと思います。

会社内で貴重なプライベート時間を削ってまで飲み会や行事で上司に気を使うくらいなら、仲のいい方との時間に当てたり自分の資産作りに当てる派でした。ひねくれ者と思うか賛成と思うかはあなた次第です。

本を読む

正直大学時代まで読書が嫌いでした。しかし社会に出て自分の知識、ボキャブラリーのなさを痛感しました。このままでは年齢だけ大人になって中身は子供のままで何も成長しないなと思い読書する習慣がつきました。

正直今の段階でボキャブラリーが増えたか、言葉の選択が正しいかはわかりません。ですが自分の意見を持てるようになったのは確かです。

僕が社会人1年目で出会った本の中で特にみなさんに読んで欲しい2冊を紹介します。

20代で人生が開ける「最高の語彙力」を教えよう。 [ 千田琢哉 ]
created by Rinker

仕事上、プライベート様々な場面で大人な対応ができるようになります。たぶん。

バカとつき合うな/堀江貴文/西野亮廣【1000円以上送料無料】
created by Rinker

人生には切り捨てる勇気も必要。人生にとって今の環境は最適?考えさせられます。

映画を観る

僕は2日に1本のペースで映画を観ています。Amazonプライム・ビデオU-NEXTなど手軽に映画を楽しめる時代です。通勤時間に手軽に楽しめる、良いですね!

映画って疲れた時に笑わせてくれる、非現実的な世界に連れて行ってくれる、他にもいろんな効果がある素敵なものです。

映画を観ることにより感情が豊かになり自分の持つ世界観も広がります。良い脳の栄養素です。ぜひたくさん映画を観まくってください!

最後に

今回紹介したのは僕の社会人1年目の姿です。これが正しいか正しくないかの最終判断はみなさんに委ねます。薄い言葉を並べただけと捉えられても仕方がありません。それが社会人2年目、今の僕です。

でも僕が今までに取った判断、考えに後悔はしていません。自分の人生1度きりですから、自分がこれ!と思った歩み方ができればいいと。

社会人は40年間続きます。無理しない程度に、時には立ち止まって一服でもしながらマイペースで歩んでいきます。

みなさんの社会人人生も悔いなく素敵なのになることを心より願っています。共に頑張りましょう!